不動産の購入

心理的瑕疵のガイドライン(指針案)を国が発表!【まとめ要約】

たいちゃん
たいちゃん
今回、初めて、不動産取引について、

「心理的瑕疵の取扱いに関するガイドライン(案)」

が国から発表されたよ。知ってた?

ねこくん
ねこくん
知らないよ。どんな内容なの?
たいちゃん
たいちゃん
今回は、この「ガイドライン(案)」について解説するね。
この記事を読んでわかること

・心理的瑕疵の取り扱いについて、初めて国からガイドライン(指針案)を発表

・今後、心理的瑕疵が告知されるケースの指針案がわかる

・ガイドライン(案)での宅建業者の立場がわかる

・今後のガイドライン(案)の取り扱いがわかる

スポンサーリンク

心理的瑕疵のガイドライン(指針案)を国が発表!

発表

①ガイドライン(案)を発表

心理的瑕疵の取扱いに関するガイドライン(案)が、

国土交通省より、令和3年5月20日に発表されました

「心理的瑕疵の取り扱いに関するガイドライン(案)」はこちらをどうぞ。

自殺、他殺、事故死など、人の死が発生した場合、「心理的瑕疵」といわれます。

ねこくん
ねこくん
インターネットでアパートなどの賃貸物件を検索しているとたまに、備考欄に「心理的瑕疵」と記載されているよね。
たいちゃん
たいちゃん
そうだね。

②ガイドライン(案)が発表された背景

今まで心理的瑕疵があった場合に、

それを借主や買主へどこまで告知するかどうかは、取り決めがありません。

宅地建物取引業者の判断に委ねられていました。

ねこくん
ねこくん
宅建業者によって対応が違ったんだね。
たいちゃん
たいちゃん
そうだね。

地域の慣習や地域ごとの宅建協会の指針によって

対応しているケースが多いね。

そのため、心理的瑕疵の取り扱いについて、国としてもガイドラインを作成し、

借主、買主が安心して不動産取引をできるようにする必要がありました。

このガイドライン(案)は人の死が生じた場合に、

宅建業者がとるべき対応を、

現時点の判例や取引実務に照らして、

一般に妥当と考えられるものを整理し、

まとめたものです。

心理的瑕疵が告知されるケースの指針案【まとめ要約】

内容
このガイドライン(案)は居住用不動産の取り扱いについてまとめたものです。

オフィスビルや土地のみの取引、隣接住戸、前面道路で生じた事案、

搬送先の病院で死亡した場合の取り扱いは対象外になっています。

たいちゃん
たいちゃん
心理的瑕疵の告知事項を要約すると、、、。

賃貸の場合

①他殺、自殺、事故死、原因が明らかでない死亡が発生した場合

心理的瑕疵の発生から3年間

発生時期、場所、死因(不明である場合はその旨)を告げる

 

②自然死(老衰、持病による病死など)

 日常生活の中で生じた不慮の死

(自宅の階段からの転落や入浴中の転倒事故など)

の場合

原則、告げる必要はない。

例外、室内外に悪臭、害虫等が発生して特殊清掃が行われた場合は

心理的瑕疵の発生から3年間

発生時期、場所、死因(不明である場合はその旨)を告げる

売買の場合

①他殺、自殺、事故死、原因が明らかでない死亡が発生した場合

心理的瑕疵が発生すれば、

発生時期、場所、死因(不明である場合はその旨)を告げる。(期間制限なし)

 

②自然死(老衰、持病による病死など)

 日常生活の中で生じた不慮の死

(自宅の階段からの転落や入浴中の転倒事故など)

の場合

原則、告げる必要はない。

例外、室内外に悪臭、害虫等が発生して特殊清掃が行われた場合は

発生時期、場所、死因(不明である場合はその旨)を告げる。(期間制限なし)

スポンサーリンク

ガイドライン(案)での宅建業者の立場

宅建業者

このガイドライン(案)によると

心理的瑕疵について、宅地建物業者は売主、貸主へ

告知書(物件状況等報告書)への記載を求めることにより、

媒介活動を伴う通常の情報収集としての調査義務を果たしたものとされます。

なので、周辺住民への聞き込み、インターネットサイトでの調査など

自発的な調査を行う義務はないものとされています。

ねこくん
ねこくん
独自調査までは求められていないんだね。

これは、インターネットや過去の報道等について、

正確性の確認が難しいことや、

遺族のプライバシーに配慮する必要があるためです。

また、宅地建物取引業者がガイドラインで示した対応を行わなかったとしても、

それだけをもって直ちに、宅地建物取引業法違反となるものではないと

記載されています。

今後のガイドライン(案)についての取り扱い

取り扱い

ガイドライン(案)の今後の取り扱いは次のとおりです。

ガイドライン(案)の発表

国民の意見の募集

最終決定

このガイドライン(案)は、案であって最終決定事項ではありません。

このガイドライン(案)について、

国土交通省は以下の期間で国民の意見を募集しています。

令和3年5月20日(木)~令和3年6月18日(金)まで

「意見公募要領」はこちら

その意見を踏まえて、ガイドラインが最終決定されます。

ねこくん
ねこくん
なにか意見がある場合は、投稿すれば反映されるんだね。
たいちゃん
たいちゃん
そうだね。

そうすると、よりよいガイドラインができて、安心して不動産の取引ができるようになるよね。

事故物件を調べたい場合はこちらをどうぞ。

大島てる アイキャッチ
【大島てる】マップの見方、調べる方法、検索の仕方を解説大島てるって知ってますか?家を買う前、借りる前に事故物件かどうか調べたいですよね。事故物件の見方、検索の仕方、マップで調べる方法を解説。売買契約時、賃貸契約時に注意する点、事故物件はどのぐらい値段が下がるのか等についても解説しています。...

今回も記事を読んでいただいて、ありがとうございました。

ほん、じゃーね。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

関連するおすすめ記事